源氏物語をプレゼントするならココ♪

ただし、古典の訳文として読みたい人は、他の本を勧めます。入院までに読み終えないように お願いしていますが・・・書店で探すのも大変ですし!ありがたいです。入院・手術は4月の上旬ですが、今からポツポツ読んでいます。

コチラですっ!

2018年01月16日 ランキング上位商品↑

源氏物語源氏物語(上巻)改版 (新潮文庫) [ 田辺聖子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

もっと早く出会いたかったです。母世代にはなじみのある作品らしく、楽しんで読んでいるようです。まだ読んでいませんが!とても楽しみです。田辺さんの訳を足がかりにして、古典ともっと親しくなりたいと思います。興味はあったのですが、なかなか選べなかった源氏物語。昔借りて読んだ本書をもう一度読みたいとの母の希望に応じて!プレゼントしました。今回!田辺聖子源氏物語の小説化(原本の訳文ではなく!登場人物の心理状態などを書き加えて!小説として読みやすく構成されている)を読んで!ようやく「源氏物語」を理解できる本に巡り合った。田辺さんの古典の訳はとにかくおもしろい!そして言葉がなめらかで優しく美しく!人物の洞察!背景など!現代の小説として読めました。新源氏物語と言う事で!現代人にも分かり易いと喜んでいます。初めて源氏物語を読みましたが、この本はとても読みやすかったです。子供が学校で購入するように言われたようです。あっという間です。母が長期手術・療養の為、上・中・下を購入いたしました。この本は、「源氏物語」を初めて読む人でも、原文の雅さと登場人物の心の動きや、情景をより理解しやすい本であり、「源氏物語」の世界を味わう人には、お勧めの本です。昔の人の心も今と同じで、共感したり涙したり。源氏と共に、登場してくる女性ひとりひとりがまた主人公です。。与謝野晶子谷崎潤一郎円地文子と、それぞれの源氏物語の訳文を読んできたが、田辺聖子の柔らかな表現と雅を残し、しかも適度の解説や登場人物の心理状態なども加えられていて、今度こそ、「源氏物語」の理解ができそう。谷崎源氏は、表現は原作の古典の「雅」を残していたが、背景を理解するのに解説本が必要で、登場人物の心理や背景がよくわからず、理解不足のままで終わった。読みやすくて面白いと言うレビューを見て決めました。与謝野源氏は「雅」が無く!挿入された和歌の説明は不十分!情緒不足で!途中で投げ出してしまった。これまで源氏物語を詳しくは知りませんでしたので!勉強にはなりました。おもしろい、に尽きます。もう少し現代風かと思いました。商品そのものはとても綺麗です。円地源氏は、特に内容の見どころもなく、これも途中で投げ出してしまった。